PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200703061757

トラムウェイ

2006年12月16日から開通したトラム。1937年に廃止されて以来70年ぶりにパリに登場です。自動車道の中央に走るトラムの線路の周りは芝が植えられミドリをたたえて心が和みます。ちなみに1000本の木が植えられたようです。

このトラム3、もっと便利にする為に、郊外を走るトラム2をPorte de Versailles駅までのばしてPorte de Versailles駅を両トラムの乗換駅になる予定で工事が進められています。また13区のPorte de choisy駅からメトロの駅まで直接アクセス出来るようにという計画も立てられています。

今までのPC1バスの代わりにパリの周りPorte d’Ivry−Pont du garigliano
(13区−15区)の7,90Kmを走ります毎日10万人の乗客が利用するようで朝5時から0h30までの運転です。Porte d’IvryからPont du gariglianoまで17駅を24分。
ピ−ク時は4分おきそれ以外は8分おきの運転になっています。
乗り方はいたって簡単。駅には何分後にトラムがくるという電光掲示板があり行く先を確認して待っていましょう。駅には券売機があるのでチケットのない人は購入。
バスやメトロと同様チケット1枚(1,40ユーロ)で、乗るとチケットを差し込む機械があるので必ず差し込んでおきましょう。

乗り心地はというと、まだ新しいので座席等も綺麗ですし、とにかくとても静かでほとんどゆれません。もっと乗っていたいなあなんていう印象です。
パリの中心を走っているわけではないのですがチョット足をのばして乗ってみてはいかがでしょうか。気持ちがいいですよ。

参考サイト
http://www.tramway.paris.fr/

2007年03月06日(火) written by Petit Etoile from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]