PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200702271744

お菓子

ドイツには、美味しいお菓子がたくさんあります。
日本でおなじみのバウムクーヘンは、こちらではあまり見かけませんが、高級チョコレートからスーパーマーケットで売っているお菓子まで、実に様々です。

中でも、スーパーマーケットやKioskなど、どこでも売っているチョコレート「Milka」や「Ritter Sports」は、種類も豊富で、しかも価格もお手頃で選ぶのが楽しくなる程です。
日本へ帰る際のお土産にもよく活用しています。

この時期は、4月のオスター(復活祭)に向け、うさぎなどの動物やたまご型のチョコレートがお店にずらっと並びます。
有名なものは、イースターエッグという、卵の殻にカラフルな色をつけたものや、綺麗な装飾を施したものですが、この時期には、庭の木につるしたりと、至るところで見かけます。
イースターの際には、このお菓子を庭などに隠し、子供たちが探すのが一般的のようです。


クリスマス前もそうですが、行事の2ヶ月程前から、お店はその行事に向け、お祭りの雰囲気一色になります。
都市にもよりますが、クリスマスが終わり、4月のオスターまではこれと言って大きな行事もないので、早くからお祭り気分を味わいたいのかもしれませんね。

普段は生真面目で、きっちりしたイメージの強いドイツ人達も、お祭りの際だけは、多いに騒ぎ、その雰囲気を楽しむようです。

この他にも、ドイツには珍しいお菓子や不思議なお菓子がたくさんあります。
甘い香りに誘われてお店に入ると、きっとお気に入りのお菓子が見つかるのではないでしょうか。
どうぞお試しあれ!!
機会があれば、ドイツのお菓子のレシピなど、公開したいと思います。
2007年02月27日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]