PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200701231697

カナダで作ろう『日本食』!

カナダで作ろう『日本食』! 1 ワーキングホリデー通信

海外生活に先立って、誰もが「日本の調味料は持っていった方がいいのかな?」と思うのではないでしょうか? 行く国によっては勿論そうした方が良いですが、カナダに関して言えば“心配御無用”と言えるでしょう。

突然ですが、カナダ人は日本人以上の“お寿司好き”。更に『日本食=寿司』というイメージが根強く、カナダの日本食レストランの9割がたが『〜寿司』という店名になっています。日本人の私達からすればちょっと不本意なのですが、その“寿司人気”が私達の海外生活を過ごし易くしているのも事実なのです。

その証拠に、カナダの大型スーパーには、“お醤油”、“米酢”、“お米”が当然のように置いてありますし、通りに点在する中国系の小規模店(八百屋のようなもの)にもこれらは常備してあります(実は、『醤油が家の調味料棚に入っている』というカナダ人も少なくないんですよ!)。味は少々落ちますが、健康ブームでカナダ人にも定着している“お豆腐”もどこにでもあるので、日本食が恋しくなった時には大変重宝します。

他に(バンクーバーで)日本食品を取り扱う店舗として中国系大型スーパーが挙げられるのですが、「ここは日本!?」と錯覚してしまう程、日本食品を豊富に取り扱っています。調味料は勿論、カレーやシチュー、ラーメン、鍋やおでん用の練り物、干し椎茸や乾燥ワカメ等の乾物、日本のお菓子やドリンクまで、思いつくほぼ全ての日本食品を販売しています。更には日本食専門の日系スーパーもあるので、バンクーバーに関して言えば、「日本食材が手に入らなくて困った」という経験がまだありません。但し、どのお店も日本食品はちょっとお値段が張るので、上手にやりくりしないといけませんが(笑)。

海外に住んでいるからこそ、無性に恋しくなる“母国の味”。今日も簡単に買い揃えた食材で和食を作って食べている私なのです。窓から見える、カナダの美しい景色を眺めながら――。
2007年01月23日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]