PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200701231695

ドイツのごみ処理

ドイツのごみ処理  1 ワーキングホリデー通信

あんなに盛り上がったクリスマスももう歴史の一つとなってしまった今日この頃。でも道を歩いているとまだたくさんの乾燥したツリー用天然のもみの木がごろごろしています。これももみの木専用のごみ収集が来るらしいので、道に捨てていくのです。こちらのクリスマスツリーはたいてい天然の木を使います。そういえば、ドイツ人の友人の一人が以前、クリスマスが終わったら(こちらでは年を越してからも飾っているが、1月6日ごろにツリーをしまう)もみの木は道に投げておけばいいのよ、なんて言っていたことを思いだし、びっくりしたのももう4年ほど前の話。郷に入れば郷に従えで、今では私も恐る恐るですが、ツリーを道に捨てています。

ドイツのごみ処理  2 ワーキングホリデー通信

今回はドイツにきて誰もが必ず困惑するごみ処理の方法についてです。リサイクルに徹底していることで有名なドイツですから、やはりごみ処理もきちんとしています。場所によって違うのですが、ベルリンでは一般的に、基本である普通の燃えるごみ(グレー)、卵の殻や野菜くずなどのリサイクル生ごみ(BIOと書かれている、茶)、テトラパック、空き缶、発泡スチロールを主とするごみ(黄色)、ワインの空きビン(茶色、透明、緑色のびん3種類)、新聞紙やダンボールなどの紙のごみ(再利用される、青色)があります。
コンテイナーは上記のように色分けされていて、かつ外側にはどのようなごみを入れてよいのか必ず書いてあります。ごみ収集はたいてい週1回程度ですが、びんを収集に来るごみ収集会社と燃えるごみを集めに来る会社などさまざまあり、回収日もそれぞれ違います。うちにくる収集車は毎回朝早くで、(もちろん平日ですが)7時半ごろ。寝坊した日はコンテイナーを運ぶびっくりするくらいの大きな音で目が覚めることもあります。

ドイツのごみ処理  3 ワーキングホリデー通信

またいらなくなった服と靴はごみに捨てずに、別の大きなコンテイナーが道に置いてありますのでここに入れましょう。これも再利用システムとして、アフリカなどに寄付されたりしていて、ドイツ全土の100以上の街でもう20年ほど前からこのシステムを導入しているそうです。使い終わった電池はスーパーや電気店に置いてある電池回収ボックスへ。

ごみの捨て方は慣れるまでは面倒かもしれません。こちらには仕分けできるゴミ箱もあるので、家の中でごみを捨てる際に整理しておくことをお勧めします。

2007年01月23日(火) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(4)


ドイツ関連の記事

この記事へのコメント

ヨシダアユミ oreoyoshida@yahoo.co.jp 2007/01/30/23:53
まっちょさん、先週のお返事ありがとうございました!
今日は友人の紹介で、日本企業に勤めているドイツ人と日本人の奥さんともつ鍋を食べてきました。
その方もハンブルクで獲れる魚はとても新鮮で美味しいと言ってました。
ドイツに行った際には、ベルリンとハンブルクは是非訪れたい都市です。
そちらで頑張っていらっしゃるまっちょさん
に是非お会いしたいです。
それでは、これからも愛読させていただきます。
あゆみ

あはは 2008/01/27/20:50
私もごみ対策しようかな、と思いました。

まっちょ 2007/01/24/19:32
あゆみさん、メッセージありがとうございます。これからもがんばります!

ワーホリでドイツにいらっしゃるとのこと。体に気をつけてがんばってください。

ベルリン(特に私の住む旧東ですが)も毎日毎年どんどん変わりとてもおもろいところです。ベルリンにいらっしゃる際にはまた連絡いただければと思います。

[1][2 ]

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]