ワーホリネット | ワーキングホリデーとは
20180112456

2018年フランスワーキングホリデービザ開始、年度制を撤廃

2018年フランスワーキングホリデービザ開始、年度制を撤廃 1 ワーキングホリデー ニュース 最新情報

 フランス大使館ビザセクションによりますと、2018年1月10日、フランスワーキングホリデービザについて年度制を撤廃し、申請方法に変更があれば随時ホームページ上で更新していく方式に切り替えたとしています。

数年前からフランスワーキングホリデービザは、締め切りと申請開始日が無くなっていて、入国予定日の3ヶ月前であればいつでも申請が可能の状態が続いていました。そして2018年より正式にフランスワーキングホリデービザは年度という単位をなくしました。

なお、2018年1月現在、2017年度から申請方法やビザの概要の変更はありません。

 また、年度ごとに概要が変わるのではなく、予告なく更新されるようになるので、申請の前には必ずフランス大使館のホームページを確認する必要があります。


 定員については1500名という設定がありますが、毎年申請却下される方が多く、さらにヨーロッパのテロ事件の影響や18歳〜30歳の人口が減少している影響で、定員に達する可能性は低いとされています。


審査については、フランスワーキングホリデービザは、益々厳しくなっています。特に、職歴や学歴等の身辺調査や滞在先の確認を厳重に行うため、虚偽の履歴書や架空の滞在先を申請時に申告した場合は、必ず嘘が判明し却下となっています。
却下されても数日後に直ぐ再申請は可能ですが、虚偽報告による却下の場合はその後何度申請しても結果が覆ることはありません。
よくある却下例として、職種が審査に不利になると思いこんでシェフやパティシエの方が学歴や職歴を空白にして詐称が露見することです。
また、動機作文や渡航計画書の中で、渡航前に現地での仕事が決まっていたり、スキルアップ等の修行が目的の場合も申請が却下されます。
ホテルなど宿泊施設の予約も審査官が現地確認するので、滞在先住所を適当に書かないことです。


申請では「観光目的」ということが動機作文や面接で十分アピールできれば全く問題が無いので、たとえ料理人やパティシエであってもこの点を理解していればビザ取得は難しくありません。まずは履歴書を誠実に嘘偽り無く書く必要があります。


 ワーホリネット主催のフランスワーキングホリデーセミナーでは、フランスワーキングホリデーについて詳しく説明する予定になっています。




ビザ取得のノウハウはワーホリネットのフランスビザセクションで
http://france.workingholiday.or.jp/

フランスワーキングホリデーセミナー
http://workingholiday-net.com/seminar/france.html

フランスワーキングホリデー ワーホリネット
http://workingholiday-net.com/France/

2018年01月12日(金) written by ワーホリネット from (フランス)


20171101450

2018年度フランスワーキングホリデー申請可能に

2018年度フランスワーキングホリデー申請可能に 1 ワーキングホリデー ニュース 最新情報

 フランス大使館ビザセクションによりますと、2017年10月1日から既に、2018年度フランスワーキングホリデーの申請が可能になっています。

現在フランスワーキングホリデービザは、締め切りと申請開始日が存在せず、入国予定日の3ヶ月前であればいつでも申請が可能の状態が数年続いています。


 2017年10月現在、2018年度フランスワーキングホリデー(2018年1月1日〜2018年12月31日渡仏予定者)の概要については大使館のホームページ上でまだ発表されていませんが、希望者は2018年度の発表を待つことなく2017年10月1日から2018年1月以降のビザ申請が可能です。

 ヨーロッパで相次ぐテロ事件や日本人の少子化でワーキングホリデー全体の渡航者数が急激に減少していていますが、フランスに関しては、ワーキングホリデービザの発給数が600台と低い水準になっています。


フランスワーキングホリデーの申請では、動機作文提出する必要がありますが、作文では「観光目的」というワーキングホリデーの趣旨を良く理解して提出する必要があります。
たとえ料理人やパティシエであってもこの点を理解していればビザ取得は難しくありません。しかし、ワーキングホリデーの趣旨に反し、現地での仕事が渡航前に決まっていたり、料理や製菓の修行が渡仏の目的の場合は申請が却下されます。

 ワーホリネット主催のフランスワーキングホリデーセミナーでは、2018年フランスワーキングホリデーについて詳しく説明する予定になっています。




ビザ取得のノウハウはワーホリネットのフランスビザセクションで
http://france.workingholiday.or.jp/

フランスワーキングホリデーセミナー
http://workingholiday-net.com/seminar/france.html

フランスワーキングホリデー ワーホリネット
http://workingholiday-net.com/France/

2017年11月01日(水) written by ワーホリネット from (フランス)


20170725449

フランスワーキングホリデービザ申請書の変更と海外旅行保険提出書類の変更

フランスワーキングホリデービザ申請書の変更と海外旅行保険提出書類の変更 1 ワーキングホリデー ニュース 最新情報

 2017年7月フランス大使館のホームページで、新しいフランスワーキングホリデー申請書類チェックリストが公開されました。7月以降の申請にはこの新チェックリストにチェックをして書類と一緒に提出することになります。


 また、審査に要する日数も変更になっており、これまで1週間程度で済んでいた審査が、大体1週間から10日と改められました。

また、パスポートの受領時間も変わっています。

 これまで、平日の午前8時30分から18時までの間においてフランス大使館で受取可能であったものが、12時から14時に変更されています。

フランスのビザ申請では、審査が終了した後、ビザが貼り付けられたパスポートを受領する際に、郵送か直接フランス大使館に受け取りにいくかを選択できますが、受取を選択した場合は時間が変更になっていますので注意が必要です。


 また、フランスワーキングホリデービザ申請には、海外旅行保険の加入が条件となりますが、提出する加入証明書(付保証明)について変更がありました。
これまで、和文、英文もしくは仏文と3言語のうちどれかを選択できましたが、今後は英文か仏文のどちらかになります。和文での提出が不可になっていますので注意が必要です。



・フランスワーキングホリデー申請書類チェックリスト(フランス大使館)
https://jp.ambafrance.org/IMG/pdf/vvt_liste_jp.pdf

・フランスワーキングホリデー保険
http://workingholiday-hoken.jp/

・フランスワーキングホリデーセミナー
http://workingholiday-net.com/seminar/france.html

・フランスワーキングホリデー書類チェックサービス
http://france.workingholiday.or.jp/


2017年07月25日(火) written by ワーホリネット from (フランス)


20170707448

国際キャッシュカード、VISAデビットの二重取引に注意 (フランスワーキングホリデー)

国際キャッシュカード、VISAデビットの二重取引に注意 (フランスワーキングホリデー) 1 ワーキングホリデー ニュース 最新情報

 フランス・パリからの情報によると、最近パリで新生銀行の出金エラーが頻発しており、ATMでお金をおろす際は二重取引になっていないか十分注意する必要があります。

海外のATMで日本の口座からお金を引き出すには、国際キャッシュカードやVISAデビットカードを使用すると便利ですが、予期せぬ出金トラブルが起こる可能性がありますので気をつけないといけません。


 具体的には新生銀行の国際キャッシュカードを使用し、ATMで出金金額、次いで暗証番号を入力後、「取引が出来ません。」と表示されるにも拘わらず、インターネットバンキング上で確認すると取引が成立し正常に出金されたことになっています。

確認されただけで数十件、パリ内のATMで新生銀行の国際キャッシュカードを使用した際に起きているようです。


 新生銀行の出金トラブルにあった場合は、国際電話で新生銀行(新生パワーコール / コールセンター)へ電話をすれば2週間以内に先方の銀行の残高変動と確認して返金されますが、インターネットバンキングで明細を確認できない方は二重取引に気がつかないかもしれません。

新生銀行のキャッシュカードを海外で使用する際は、出金確認メールを必ず登録して、不審におろせなかった場合は必ずインターネットバンキングで確認する必要があります。


 また、フランスに限らずイギリスなど他の国や、および、新生銀行に限らず、他の銀行の国際キャッシュカードやVISAデビットカードでも十分起こりうる事なので、海外のATMで「取引が出来ません。」と表示された場合は、ATMから現金が出金されなくても取引が成立している可能性があるので注意が必要です。



新生銀行コールセンター 「新生パワーコール」
http://faq.shinseibank.com/faq_detail.html?id=2037&page=1


新生銀行 「インターナショナルキャッシュカード」(国際キャッシュカード)
http://www.shinseibank.com/atm/atm_kaigai.html

SMBC信託銀行 「バンキングカード」(国際キャッシュカード)
http://www.smbctb.co.jp/banking/bankingcard/index.html

ソニー銀行 「Sony Bank WALLET」(Visaデビットカード)
http://moneykit.net/visitor/sbw/



2017年07月07日(金) written by ワーホリネット from (フランス)


20170525442

フランスワーキングホリデー、現地労働管理局(DDTEFP)にて労働許可申請が不要に

フランスワーキングホリデー、現地労働管理局(DDTEFP)にて労働許可申請が不要に 1 ワーキングホリデー ニュース 最新情報

 フランス大使館領事部ビザセクションによりますと、フランスワーキングホリデーについて、ワーキングホリデービザ所持者はフランスの労働管理局にて労働許可を受ける必要はなくなったと通知がありました。


これまで「フランスで仕事が見つかった者は、直ちに所在県にある労働管理局(Direction Départementales pour le Travail, l’Emploi et la Formation Professionnelle / DDTEFP)に行き、一時的な労働許可を受けなくてはならない。この際の認可は、職種を問わず契約書の期間に応じて、すぐに与えられる。」また「フランスワーキングホリデービザ所持者であっても労働管理局にて労働許可を受けないものは不法就労となる。」としてきましたが、今回の改定で撤廃されました。

しかし、「ビザ内容と重複するので現地での労働許可が不要になった」という意味でなく、「ワーキングホリデービザは働くためのビザではないので、現地フランス人と対等の正規雇用の労働許可が正式にできなくなった」と受け止めたほうがよいです。


 元来、フランスワーキングホリデーは就労目的に発給されるビザではありませんので、フランスでの正規就労を認可するような労働許可証の発行はビザの趣旨と矛盾しているとして今回「労働管理局での労働許可は撤廃」されました。ワーキングホリデービザを使用したフランスでの就労は、あくまでパートやアルバイトのような一時的なものでなければならず、専門知識を習得したり資格を活かしたりするような正規労働は避けなければなりません。


 フランスワーキングホリデーは滞在費用を補うことを目的として付随的に労働が認められているだけで、あくまでも主要目的は観光のためのビザとなっています。
2013年度からは有給無給など就業形態に関係なく、建築士、デザイナー、美容師、ソムリエなど資格を必要とするような専門職の労働や、調理師、パティシエなどの研修を目的とした渡航の申請については、全面的に拒否されます。また、フランス大使館は現地の友人や恋人などに会うのは問題ないとホームページで明言しつつも、動機作文や面接にて同居や移住目的と疑われた場合はビザが下りません。よって、現地での観光や文化交流が動機でなければ、フランスワーキングホリデーは認められないことになります。


 近年日本国の少子化問題とフランス国の度重なるテロ事件による治安悪化でフランスワーキングホリデービザの発給数は700名を割り込み、渡航者は年々減少傾向にあります。しかし、深刻な移民問題の中、依然としてビザ審査は厳しいままで、闇雲に渡航者を増やそうとせず、申請書類の動機作文にて動機が就労目的や移住目的と疑われる場合は躊躇無く却下されています。

ただビザ審査期間は大幅に短縮されており、通常は書類提出から手元にパスポートが返却されるまで5日間ほどですが、動機作文や書類に全く問題なければ最短3日間で下りる場合もあります。


フランスワーキングホリデー 申請書の書き方、ビザチェック
http://france.workingholiday.or.jp/

フランスワーキングホリデーセミナー
http://workingholiday-net.com/seminar/france.html



2017年05月25日(木) written by ワーホリネット from (フランス)


20170203435

フランスワーキングホリデー2017年度概要発表 申請方法変更なし

フランスワーキングホリデー2017年度概要発表 申請方法変更なし 1 ワーキングホリデー ニュース 最新情報

 2017年2月1日、フランス大使館で、2017年度フランスワーキングホリデー(ワーホリ)についての概要が発表されました。

申請方法および必要書類は2016年度と変わりません。
※長期滞在ビザ申請書の様式が変わってますが、内容と項目に変化がないので以前の書式も使用可能です。

現在フランスワーキングホリデービザは、締め切りと申請開始日が存在せず、入国予定日の3ヶ月前であればいつでも申請が可能となっていて、2017年度フランスワーキングホリデー申請も、実質2016年10月1日から申請可能になっていました。

 

2017年フランスワーキングホリデー申請は、入国する日付がビザ申請時に決まっていることが条件となりますが、必ずしも2017年内に入国する必要はありません。また申請はフランス入国日の3カ月前からできます。
ただ、申請は前もって計画的に行う必要があり、遅くとも渡航の3週間前までには申請書を提出する必要があります。

また、初回入国についての制限がなく、ビザの有効期限内であれば年度をまたいでの入国が可能です。


 また、フランスワーキングホリデー申請は、海外旅行保険の加入が必須になっていますが、フランス渡航後にも就労で現地の健康保険(セキュリテ・ソシアル)と任意保険(ミュチュエル)に別途加入することになりますので現地での医療保障はそれで賄えます。
現地での健康保険加入やアパート契約時に加入する住宅保険のことも考慮し、申請時のワーキングホリデー保険に高額な保険料をかけ過ぎないようにバランスをとるほうが賢明です。


 フランスワーキングホリデーは本人での申請となっていて、代行または郵送による申請はできません。
あらかじめ大使館のホームページから来館予約をとり、本人が申請書類を提出することになります。



フランスワーキングホリデー情報
http://workingholiday-net.com/France/



2017年02月03日(金) written by ワーホリネット from (フランス)


20161115428

2017年渡仏フランスワーキングホリデービザ申請はお早めに

2017年渡仏フランスワーキングホリデービザ申請はお早めに 1 ワーキングホリデー ニュース 最新情報

 フランス大使館ビザセクションによりますと、12月中のビザ申請窓口は混雑が予想されますので、年末または1月に渡仏予定の方は、できる限り早め(11月中)にビザ申請を行うようにと告知がありました。

2017年のフランスワーキングホリデーは、2017年1月からの渡仏予定者を対象に、2016年10月1日からビザ申請が可能になっています。

2016年11月15日(火) written by ワーホリネット from (フランス)


フランス関連の記事

[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ]
[ PR ]

 

[ PR ]