ワーホリネット | ワーキングホリデーとは
20180403457

2018イギリスYMS(ワーキングホリデー)申請料金£244に値上げ

2018イギリスYMS(ワーキングホリデー)申請料金£244に値上げ

 UK Visas and immigration(HOME OFFICE 英国内務省)によりますと、2018年4月6日よりイギリスビザ申請料金の改定が行われ、Tier 5(Youth Mobility Scheme)「YMS、 俗称:イギリスワーキングホリデー」は現行の£235から£244に値上がりすると発表がありました。ここ数年、年に£5の値上げが続いていましたが、今年は倍近い£9の値上げです。

なお、2018年度のYMSは申請が年二回に分けられており、第一回目は2018年3月30日に終了していて、第二回目は2018年7月に行われます。今回の改定は第二回目の申請者から適用されます。
 日本円に換算しますと、2018年4月からの申請料金は38,064円(2018年4月現在 1£=156円 英国政府内務省レート)となります。
ちなみに、YMS開始時の2008年度の申請料金は£99でした。
今後も緩やかに値上げが続いていくものと思われます。



 現在、英国のビザ申請者にはNHS(英国保健サービス)保険料が義務付けられており、申請時にこの保険料を支払う必要があります。
YMSの場合は、保険料が£300(48,600円 2018年4月現在 1£=156円 英国政府保健省レート)となりますので、YMSビザを取得するために2018年7月以降は合計約87,000円を支払うことになります。(2018年1月度は78,000円)


 また、英国外でビザを紛失した際の入国手続きに必要なVignette transferの申請料金については、£169から£154に£15値下がりしています。


ビザの概要や申請料金は頻繁に変更されるので、申請の際はUK Visas and immigrationのホームページにて確認する必要があります。


Home Office Immigration & Nationality Charges 2018
https://www.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/691580/Gov_uk_fees_revision_2018_final.pdf

Tier 5(Youth Mobility Scheme)抽選方法
https://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/mailLottery.html

Tier 5(Youth Mobility Scheme)申請方法
https://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/Lottery.html

Vignette transfer 申請方法
(英国外でのビザ紛失時の入国手続き、または渡英延期手続き)
https://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/Vignette_Transfer.html

2018年04月03日(火) written by ワーホリネット from (イギリス)


イギリス関連の記事

[ PR ]

 

[ PR ]