ワーホリネット | ワーキングホリデーとは
20170530443

2017年イギリスYMS(ワーキングホリデー)審査方法変更 YMSは英国シェフィールドにて審査処理

2017年イギリスYMS(ワーキングホリデー)審査方法変更 YMSは英国シェフィールドにて審査処理

 UK Visas and Immigrationによると、Youth Mobility Scheme(略語:YMS、俗名:イギリスワーキングホリデー)ビザは、これまでのマニラ英国大使館での審査から英国のシェフィールド(Sheffield)にて審査が行われるようになったと通知がありました。
既に英国定住者(Settlement)はシェフィールドにて審査が行われていましたがYMSビザや学生ビザなどの非定住者(Non Settlement)まで範囲が広がりました。


 英国ビザの審査は2017年3月より申請添付書類の電子スキャンが導入されており、現在ペーパレスで行われています。
以後、申請結果の決定評価が全てオンラインで処理可能となったため、遠方でも問題がなくなり、2017年4月以降、日本人の全てのビザが英国シェフィールドの「ビザ決定センター(UKVI Decision Making Centre)」で審査が行われるようになりました。

ただパスポートはビザ審査中、在マニラ英国大使館に空輸されて保持されますので、Vignette(30日間滞在許可証)貼付とパスポートチェックはマニラで行われることになります。

 まとめますと、2017年5月現在、「申請受付」は英国ビザ申請センター(VAC、Visa Application Centre)で、「パスポート審査」はマニラ英国大使館で、「ビザ審査」は英国シェフィールドで行われています。


申請書と添付書類はオンラインで処理されますが、現在も申請書を手で修正することは許可されており、英国ビザ申請センターで受付の際に、スタッフの前で修正または修正したことを指差してアピールしていれば問題ありません。
修正箇所、資金証明や添付書類等もすべて英国ビザ申請センターのスタッフが電子スキャンし英国シェフィールドのほうへ送信します。




・Youth Mobility Scheme 2017 申請解説はこちら
http://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/Lottery.html

・Youth Mobility Scheme 2017 抽選解説はこちら
http://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/mailLottery.html

・Youth Mobility Scheme 2017 セミナーはこちら
http://workingholiday-net.com/seminar/uk_yms.html

2017年05月30日(火) written by ワーホリネット from (イギリス)


イギリス関連の記事

[ PR ]

 

[ PR ]